アナタもこれで占い博士?占いの歴史を勉強しよう

占いの歴史

占いの歴史とは?

私たちは、未来にいつも興味を持っています。先が見えないのであれば、なおさらです。

「明日の天気は晴れるかな?」という直近の客観的な未来から、「今日の運勢はなにかな?」「今週はいいこと起こるかな?」なんていう主観的な未来を想像します。

「将来、自分の夢を実現できるか?」「いい人は現れるか?」「病気にならず、健康に老後を過ごせるか?」といった様々な悩みや欲望を人が抱えたとき、占いがあなたをサポートしてくれることでしょう。

このような身近な悩みを持つ普通の人から、経営者やスポーツ選手まで、あらゆる人が占いを信じて行動します。どんな人にも、未来に不安があり、私たちは占いをうまく使いたいといつも思っています。

こんな「占い」ですが、どこでいつごろから占いは始まったのでしょうか?それをしてっておくのは、とても大切なことです。なぜなら、100万年前の私達人類の祖先も、あなたも、同じ悩みを抱えた人間だからです。悩みの質が違うようにみえるのは、外部の環境や置かれた状況が違うからです。

 

占いの歴史はとても古く、原始的な占いは有史以前からありました。棒や石、骨などを投げて吉か凶かを読み取ろうとしていた痕跡が見つかっています。

古代のメソポタミア人は、星の動きや動物の臓器などをつかって、未来への手がかりを探していました。

近代の為政者たちは、聖書の予言、占星術師、千里眼、巫女などを使って、先の見えない未来への不安を解消しようとしていました。

人は生まれたとき、幸せに包まれて生まれてきます。赤ん坊から幼児、大人になるに従って、「悩み」を抱えて成長していきます。その時、支えてくれるのが「占い」です。

 

あなた
あなた

いつも悩みが絶えないの…ついつい占いに頼っちゃう。

ウラナナ
ウラナナ

それは、アナタが成長しているってことの証明ウラ。

タイトルとURLをコピーしました